戻る

身近な野草のテスト撮り  撮影地 高浜市 撮影日 2015/02/12

近所の田んぼ道を歩きながら、いま咲き出している早春の花たちのテスト撮りをしてきた。
みんなお馴染みの道端の花ばかりだが、
それぞれ個性があって美しい。
その美しさをどんな風に撮影したらいいのかなと思いながらのテスト撮り。
もう何十年も野草の撮影をしていても、いまだに試行錯誤の模索が続いている。
こんな風に撮影するといいんだという自分のスタイルは持っているつもりでも、
実際に野草と向き合っていると、いろんなことを教えられる。
その時々に花たちからのメッセージを受け取りながら、どんな風に撮影してみようか決まっていく。
写真には正解がない。これがいいという模範解答もない。
それだけに自由で思い思いの描き方をすればいい。
感じたままに撮るというのが理想だが、そこに思考が絡んでくると
野草からのせっかくのメッセージが消えてしまうこともある。
素直に心を開いて感じたままに切り取っていくのが一番いい。
今回は先入観を捨てて、野草と向き合ってみようという意図を持って撮影してみた。
テスト撮りというのは自分の内側に向かってのテストだった。

NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8


NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8


NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8



NikonD810 SIGMA50㎜マクロF2.8



NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8



NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8



NikonD810 TamronSP90㎜マクロF2.8


inserted by FC2 system