Home

身近な野草6 写真 深谷利彦 Toshihiko Fukaya
私は高山植物が大好きだが同時に草叢に咲く身近な野草も大好きだ。
俗に雑草と言われる野草たちにも命があって、その命の尊さは高山植物や貴重なランの仲間となんら変わりはない。
希少種の野草は誰もが注目するし、保護の対象となるものもあるが、身近な野草の中にも絶滅に瀕しているものも少なくない。
野草の美しさは高山植物とかランの仲間であるとか絶滅危惧種であるとかなんら関係ない。
生育する環境こそ違うが、子孫を残すために懸命に命を育む姿はみんな同じだ。
咲いている花を見て美しいと感じるかどうかは人それぞれ。
好みもあるから一概には言えないが身近な野草の中にもときめく程美しい花はいくらでもある。
一切の概念を捨てて素直な気持ちで身近な野草を見つめてみると、
驚くほど美しい花たちが身近に溢れていることに気づくだろう。

身近な野草1へ
身近な野草2へ
身近な野草3へ
身近な野草4へ
身近な野草5へ
秋のホトケノザ
ツユクサ讃嘆
ヤクシソウ
色づくコセンダングサ
イヌホオズキ
晩秋のスミレ
キツネノマゴ
初冬の野草
シオザキソウ
草もみじ
オギ
ナガエコミカンソウ
アカザ紅葉
ギシギシ紅葉
大晦日のハルジオン
真冬のオオイヌノフグリ
立春
綿毛の温もり
コハコベ
畑から春のお届け
キュウリグサ
タチイヌノフグリ
キレハヒメオドリコソウ
そろそろかなと土筆の様子
タネツケバナ
フラサバソウ
タネツケバナⅡ
目覚めた野草たち
セントウソウ
タガラシ
ホトケノザⅡ
土筆
タネツケバナ群生
inserted by FC2 system