戻る

梅雨晴れの白馬岳に遊ぶ  華麗なる花々 蓮華温泉~白馬大池編  撮影地 蓮華温泉~白馬大池 撮影日 2014/07/12~13
2回に分けて梅雨の晴れの白馬連峰の山々を紹介してきましたが、
いよいよ本題の花の紹介になります。
観察した全ての花の紹介はできませんが、この時期印象に残る花を中心に紹介したいと思います。
3回に分けて紹介しますが、最初は蓮華温泉から白馬大池までに咲いていた花。
次に白馬大池から小蓮華山に咲いていた花。
最後にハイライトとなる小蓮華山から白馬岳に咲いていた花となります。
静かに観察のできるシーズンですので参考になれば、是非一度歩かれてみてはいかがでしょう。
きっと感動されることでしょう。



白馬大池山荘前に咲いていたハクサンコザクラ。
部分的に群生していましたが、本格的に咲き出すのはこれから。
雪解けが早い年ではハクサンイチゲとチングルマのお花畑もこの時期に見られます。
他にはアオノツガザクラやコイワカガミ、タテヤマリンドウも混じります。


ここからは蓮華温泉から咲いていた花が順に登場します。
まずはキヌガサソウです。何ヶ所か固まって咲く場所があり、出会うたびに癒されます。
少しピークを過ぎていました。


オオバミゾホオズキは沢沿いや湿り気のある場所に咲き群生することも多く、
新鮮な花はとても美しくお気に入りの花の一つです。


もっと群生していましたが、写真では密度の濃いところを切り取っています。



ヤマトユキザサは地味ですがよく見ると一つ一つの小さな花が愛らしい。



このルートで私が最も期待している花がゴゼンタチバナ。
群生する個所がいくつもあって、タイミングさえ合えばご覧のような状況があちこちで見られます。



ゴゼンタチバナは葉が6枚のものだけに花がつき、4枚のものには花はつきません。



ゴゼンタチバナ
群生するところに出会うたびにカメラを向けていますので、同じような写真がいっぱいありました。
でも状況は全て違うので撮りたくなるんですね。


ミヤマツボスミレも多く咲いています。
ニョイスミレ(ツボスミレ)の高山型で花はほとんど同じですが、葉の先が丸くなる傾向にあります。


ミヤマツボスミレ
沢山咲いていても撮影しにくいスミレです。


サンカヨウは終盤でしたが、雪解け間もない個所に綺麗な花が残っていました。
何度見ても美しい花を咲かせます。


ムシトリスミレは少しピークを過ぎていましたが、傷みの少ない花を探して撮影。
時々白花も見かけます。今年は見かけませんでした。


木陰にいい状態のムシトリスミレを見つけました。濃い紫色がいいですね。


タカネアオヤギソウが咲き出してきたばかりでした。
近くにはネバリノギランんもいっぱい咲いていたんですが、なぜか撮影したカットがありません。


タカネバラも多く咲いていましたが、状態のいいものがなく、やや消化不良気味です。



ミヤマムラサキは北岳に咲くものが好きなんですが、ここでは標高2000mに満たない場所で咲いています。
愛らしくて大好きな高山植物です。


イワシモツケは八方尾根ではお馴染みの花ですが、天狗の庭と呼ばれる場所にはかなり群生しています。
白い小さな花をアップで見るととても美しいですね。


お馴染みのマイヅルソウですが、このルートに咲くものはとにかく美しい。
気のせいかなとも思うのですが、やっぱり気のせいではなく美しいのです。
群生しているし、イワカガミと一緒に咲いていたりして色彩的にもいいですよ。


イワカガミもよく咲いています。色が何ともぃえません。


このルートのお目当ての一つ、ウスバスミレです。
登るたびに今年はどうかなと思っているんですが、決して期待を裏切らないんです。
クモマスミレ同様、スミレ行脚の最後を飾るスミレの一つです。


ウスバスミレは名前のように葉が薄いのですが、それよりこの顔立ちがいいですね。
亜高山帯に咲くスミレなので平地では決して見ることのできないスミレなんです。


ベニバナイチゴは濃い紅紫色の花を咲かせます。葉の裏に下向きに花を咲かせるので
中の様子が分かりにくいのですが、これは横を向いていてくれました。

紹介できなかった白馬大池までに咲いていた花は
キバナノコマノツメ、クモマスミレ、ミツバオウレン、チャボゼキショウ、ミネウスユキソウ、ユキワリソウ、
オオサクラソウ、ハクサンシャクナゲ、ウラジロヨウラク、クルマバソウ、エゾノヨツバムグラなど。
そうそうシラネアオイもありました。

次は白馬大池~小蓮華山に咲いていた花になります。
続く

白馬大池~小蓮華山編
inserted by FC2 system