戻る

梅雨晴れの白馬岳に遊ぶ  華麗なる花々 小蓮華山~白馬岳編  撮影地 小蓮華山~白馬岳 撮影日 2014/07/12~13
白馬岳に登ってみると山頂周辺に非常に多くの花が咲いていることに気づくでしょう。
種類も多く山の景観も素晴らしく、誰もが感動する場面が随所で展開されます。
7月上旬から中旬は比較的登山者も少なく、お花畑を独り占めしているようなそんな気もしてきます。
今回は私が期待したようなお花畑ではありませんでしたが、
それでもウルップソウを初め、イワウメやオヤマノエンドウやミヤマキンバイなどの新鮮な花々が
気分よく出迎えてくれました。
ツクモグサも予想に反して残り花が咲いていたりして、気分のいい山歩きとなりました。
天気がよかったことも味方をしてくれたようです。
先にウルップソウとツクモグサのページを紹介しましたので
ここではその他の花を紹介して今回の花巡りを締めくくりたいと思います。



ミヤマキンバイ
この時期最も輝いているのがミヤマキンバイ。
尾根道にずっとずっと咲いているのがこの花です。
白馬岳に向かいながらミヤマキンバイの咲く稜線を歩くのは贅沢なことかもしれません。
この時期に歩いた人へのご褒美のようにも思えます。



ミヤマキンバイとウルップソウ
お花畑rとしては少々寂しいですが、ミヤマキンバイとウルップソウの咲く様は
気持ちのいいものです。
右端にタカネシオガマが写っていますが、もう少し咲いていればもっと華やいだ光景となったことでしょう。



ミヤマキンバイとウルップソウ
上の写真と状況は同じですが、こんな場面に遭遇するたびにカメラを向けていました。
歩く人も少ないので人の気配を気にすることなく撮影できます。
野草の撮影で大切なことは集中することですが、その観点からすればこの時期は絶対にお勧めです。
そんなことを言うと写真の出来栄えに言い訳ができなくなりますが・・・
まあよしとしましょうか。


イワウメ
以前歩いた時は群生する箇所がありましたが、今回は気づかなかったのか
無くなってしまったのかどちらでしょう?
期待していただけに少々残念でしたが、咲き出したばかりの新鮮な花にうっとりしてきました。



イワウメ
イワウメは岩の間などにマット状に広がります。
今回は花数が少なかったのですが、咲きたての花は本当に美しいものです。
手前のオヤマノエンドウと一緒に咲くと色彩もよく、お気に入りの場面でもあります。



ミヤマキンバイとウルップソウ、そしてハクサンイチゲ
清水岳が近づくと白馬岳山頂も近い。
一面のお花畑ではありませんが、大好きなシチュエーションなのです。



イワベンケイ
逞しく堂々とした姿のイワベンケイ。稜線では咲き出したばかり。
可憐な高山植物ではありませんが大好きです。
写真の中にツクモグサも写っていますがわかりますか?



イワベンケイ
名前に相応しい場所に咲いていました。
蕾の状態も美しいですね。



クモマスミレ
今年はクモマスミレを見かけなかったなあと思いながらの帰り道。
そんなことを思った瞬間にこの株が目に飛び込んできました。
なあんだ、やっぱり咲いていたんだ。
そんなことを呟いたらすぐ傍にも咲いていました。



クモマスミレ
上の写真のすぐ傍に咲いていたもの。気づかずにごめん!



ミヤマシオガマ
白馬岳山頂周辺では圧倒的にタカネシオガマが多いのですが、ミヤマシオガマもところどころで見られます。
咲き出したばかりのミヤマシオガマはなかなかキュートで素敵ですね。
タカネシオガマは8月上旬に山頂周辺で大群生が見られますが、
その蕾を確認してきました。



タカネヤハズハハコ
この高山植物も私の好きな花。
地味な花ですがハハコグサの仲間はほのぼのとしていいですね。
背景の白い部分は残雪です。


ミヤマオダマキ
幕営した近くにそれなりにミヤマオダマキが咲いていましたが
傷んだものが多く撮影対象になりませんでした。
かろうじて一枚だけカメラに収まってもらいました。



チシマアマナ
この姿ですから風にゆらゆら揺れてなかなか撮影できない高山植物です。
2日目の朝、風もなく絶好のチャンスが巡ってきました。
息を凝らして撮影した一枚です。



ショウジョウバカマ
平地から高山まで花が見られるショウジョウバカマ。
環境に適応できる能力を持っているのでしょう。
幕営地のすぐ近くに咲いていました。
この色合いが凄いですね。


ヤマガラシ
頂上宿舎の脇に生えていたヤマガラシ。
菜の花を小さくしたような姿でも高山植物です。


ハクサンイチゲ
お馴染みのハクサンイチゲですが、美しさは格別。
花の美しさを見せるには正面から撮影しますが、これは茎の毛を意識して撮影した一枚。
横から眺めると命の鼓動がより一層伝わってくるようです。


ハクサンイチゲ
小蓮華山周辺では花盛りに咲いていたハクサンイチゲも白馬岳山頂周辺では咲き出したばかり。
写真は花が十分に開ききらないものですが、
躍動しようとするエネルギーを感じます。


梅雨の晴れ間に咲く高山植物の数々を紹介してきましたが
この時期の魅力をお伝えできましたでしょうか?
盛夏の百花繚乱もいいのですが、私はこの季節が好きで何度も訪れています。


inserted by FC2 system