戻る

スミレの散歩道2014  アリアケスミレ/スミレ科 写真 深谷利彦
有明の空のように変化に富むことから名付けられたアリアケスミレ。
なんてロマンチックな名前なんだろう。
そしてなんて愛らしく美しいんだろう。
ひょっとしたらスミレの仲間の中で最も好きなスミレかもしれない。
道端やコンクリートの隙間など身近に見られるスミレの一つだが、
最近は少なくなっている。
しかも写真のようなアリアケスミレの名にふさわしい、紅紫色の筋の入るものがめっきり少なくなった。
白っぽいものはそれなりに見ることがあっても、
色の濃いものは見る機会が少なくなってきた。
下の写真は私の自宅の庭に生えているアリアケスミレだ。
かつては花付のいいゴージャスなアリアケスミレがよく咲いていたが、いつの間にか花数が少なくなって
ほとんど絶えかけていた。
なんとか絶やさないようにと目配り気配りしながら見守ってきたら、
少しずつ復活しつつある。
種を取って増やそうとか人工的な手段は一切していない。
そのままにしてアリアケスミレの意志に任せてみようと思ってやってきた。
今年は4株花がついて可憐な花を咲かせている。
もう嬉しくてしかたがない。
毎日毎日成長を眺めてはにやにやしている。



2014/04/11 自宅 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
芝生の中に生えている。


2014/04/10 自宅 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/10 自宅 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/9 自宅 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/10 自宅 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
こちらは白いもの、生垣の中に生えてきたもの


2014/4/5 音羽町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
これは音羽町の公園で見つけたアリアケスミレ、このタイプのものが圧倒的に多い。
inserted by FC2 system