戻る

スミレの散歩道2014 GWスミレ旅より ヒカゲスミレ/スミレ科 写真 深谷利彦
どことなくエキゾチックなヒカゲスミレ。
ツンと尖った感じのするスミレである。
名前のように日陰を好むスミレだが、実際には半日陰の林床に生えていることが多い。
花の色の変化は少なく、どれも白が基本で唇弁には紫色の筋が入る。
スミレの仲間の印象を表現するときに、
愛らしいとか可憐であるとか使うことが多いが、
ヒカゲスミレはそのどちらも当てはまらず、
分別をわきまえた紳士のように私の目には映る。

撮影場所は2か所だが、少し雰囲気が違うのが面白い。
2枚目と6枚目が富士山麓のもので、その他が長野県のもの。
富士山麓の方が丸みが強い傾向にある。


2014/5/2 長野県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/5/4 富士山麓 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/5/2 長野県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/5/2 長野県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/5/2 長野県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/5/4 富士山麓 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/5/2 長野県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
inserted by FC2 system