戻る

スミレの散歩道2014  ケイリュウタチツボスミレ/スミレ科 写真 深谷利彦
渓流に咲くからケイリュウタチツボスミレ。
普通のタチツボスミレとどこが違うんだろう?
まず咲く環境が違う。
普通のタチツボスミレでも渓流沿いや苔むした場所に咲くものはいくらでもあるけどまあいっか。
一番わかりやすいのは葉。
タチツボスミレより葉は小さく基部が切型になるのが大きな特徴。
葉の表面に光沢があるのも特徴。
花を見てタチツボスミレと区別するのは難しいが、
やや細面の顔でしなやかな感じがするというのが、私の印象。
スミレは細かい特徴をあれこれ覚えるより、見た目の印象を大事にすると
案外見分けがつくものなんですが。
でもケイリュウタチツボスミレを花だけで見分けるのは無理。
と思う。


2014/04/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/04/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/4/20 稲武町 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
inserted by FC2 system