戻る

スミレの散歩道2014  キバナココマノツメ/スミレ科 写真 深谷利彦
ツクモグサを期待して登った八ヶ岳だったが、晴れ間が出ることもなく強風も吹いていて
開いた花を見ることができなかった。
それでも山の神は私を見捨てない。
下山してきたらこんな場面を用意してくれていた。
キバナノコマノツメの大群生である。
八ヶ岳はキバナノコマノツメが大変多い山である。
いつ訪れてもルート沿いに溢れている。
それでもこれほどの群生を見たのは初めて。
スミレが大好きな私にとっては、これ以上のプレゼントはない。
どこをどのように切り取ろうか迷ってしまったほどだ。
写真ではその一部を切り取ったものなので、実際にはもっと大きな広がりのある群生だった。

いやはや見事だった。



2014/6/14 八ヶ岳 Canon5DⅡ CanonEF17-40㎜F4



2014/6/14 八ヶ岳 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/6/14 八ヶ岳 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/6/14八ヶ岳 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/6/14 八ヶ岳 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



せっかくなのでツクモグサの様子はこんな感じだった



ツクモグサは日が当たらないと花が開かない
晴れる予定だったのだが・・・まあこんなこともある。




開くとこんな感じ、5年前に白馬岳で撮影したもの(2009/07/04)
inserted by FC2 system