戻る

スミレの散歩道2014  ミヤマスミレ/スミレ科 写真 深谷利彦
ミヤマスミレの魅力は?と尋ねられたら
”色”と答える。
言葉にすると赤紫色ということになるだろうがそれだけではもの足りない。
ほんのりと赤みを帯びた紫色でスミレの濃い紫色とも違う。
際立っているのは艶やかさである。
厚みのある花弁がその色をさらに引き立てている。
全体的にはこじんまりと整った感じのするスミレだが、
垢抜けた気品を感じるスミレだ。

いよいよこれからのスミレの観察は高山帯へと移っていく。
今年はどの山でどんなスミレが見られるのだろう?
見慣れたスミレでも綺麗に咲いていればそれだけでいい。
天気を見ながら山登りのスタートだ。
このワクワク感がたまらない!


2014/6/7 天生の森 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/6/7 天生の森 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/6/7 天生の森 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/6/7 天生の森 Canon5DⅡ CanonEF70-200㎜F4
inserted by FC2 system