戻る

初秋の北岳 移ろう季節の中から 2014/09/13~14 写真 深谷利彦
北岳は白馬岳と並ぶ花の山。
どちらの山も同じくらい多く登っている。
花のシーズンなら1日で150種くらいの花が見られるので撮影に時間が取られすぎるきらいもあるくらいだ。
さて9月中旬の北岳にはどんな花が咲いているのだろう。
稜線では秋の色が濃くなりウラシマツツジの紅葉も始まっている頃だ。
何年か前にこの時期に登ったことがあるが、その時はウラシマツツジの紅葉が鮮やかすぎて、
その印象ばかりが強く残っていて、花の印象が薄かった。
唯一面白かったのがトウヤクリンドウの花がレモンイエローに変わり葉も黄色くなっていたことだろうか。

今回もその時と同じ季節に登ってきたが、花の様子は随分違って想像以上に多くの花が残っていた。
枯れ行く姿も美しく、残り花も風情があって、さらに朝には霜が降り展望は抜群で文句なしの山行だった。
すでに山の風景やウラシマツツジの霜の様子など紹介したが
ここでは移り行く季節を感じながら撮影した植物たちの一瞬の輝きを紹介したい。
花は盛りだけが美しいのではないことを感じ取っていただければと思っている。


タカネグンナイフウロ  二股付近
花もいいけど花の終わった後がまたいいですね。
フウロソウの仲間は逆光で捉えるとこんな輝きを見せてくれます。


タカネグンナイフウロ  二股付近
こちらは花が残っていました。


さて、この鮮やかな紅葉は何でしょう?
初めて見ました。
どうやらシコタンソウのようです。花も素敵だし紅葉もいいですね。
こんな風になるとは知らなかった。



続いてはこちら、さて何だと思います?
正解は下↓の花、そうキンロバイです。
枯れてると言うより輝いていますね。




キンロバイ  残り花でも花の美しさは変わらない。
移り行く季節を感じます。



さてさてこちらも何だと思います?
真っ赤な実ですね。多肉系の緑の葉が残っているのでわかるかな?

とてもインパクトのある存在でした。
正解は↓



ミヤママンネングサ
場所によってはこんな風に真夏と変わらない姿で咲いていました。



この花は見ればわかりますね。
そう、ミネウスユキソウです。
でも花盛りの時とは違った趣を感じます。渋くていい感じですね。



トラバース道にこんなに綺麗なミネウスユキソウが残っていました。
北岳のミネウスユキソウは他の山で見るよりなんかいいんですよね。



これもいい感じでした。
イワオトギリの花が終わり行く姿です。
どんな時でも輝いているんですね。
それが命の営みだと思っています。



そしてこちらがイワオトギリの実。
真っ赤です。



ミヤマシャジン
これも残り花の一つですが葉が紅葉していますよね。
花も葉もまだまだ輝いています。
背景の白い花はミネウスユキソウ。



おお!まだ咲き残っていたとは。
北岳に登ると楽しみにしている場所ですが、シロバナタカネビランジが残っていました。
この日が最後だったかもしれません。ワイルドですね。




どうですこの黒い姿、味わい深いですねえ。
もともと黒いのですが黒に磨きがかかったというべきか。
タカネコウリンカです。



高山植物らしい佇まいのチシマギキョウ。
こんなに花が残っていました。
見つけた時は感動ものです。

盛夏の時よりトキメキましたね。



タカネヒゴタイ
写真だけ見ると8月に撮影したように見えなくもありません。
遅くまで咲いていてくれたんですね。



少々マイナーな花ですが大好きな高山植物。
葉が特徴的なハゴロモグサです。
花は黄緑色の小さな花、ピークを過ぎて倒れかかっていました。
愛おしい姿です。




この銀白色の姿は北岳の名が付くのキタダケヨモギです。
8月初旬に登るとふさふさとした緑白色の葉が印象的で、
中旬から下旬にヨモギらしい花を咲かせますが、9月中旬ではこんな風になるんですね。
華やかではなくてもしみじみと眺めてみたい高山植物です。



レモンイエローになったトウヤクリンドウを探していました。
ありましたありました。
理想的な姿です。
葉も黄色く色づき始めていました。



2日目の朝、北岳山頂を目指している時に出会ったトウヤクリンドウです。
今回出会ったトウヤクリンドウの中で一番の大株でした。
振り返ると中白峰と間ノ岳がいい感じでした。



なんという美しさでしょう。
こんな風に色変わりしていくんですね。
見るものがみんな美しく輝いて見えます。
タカネイブキボウフウです。




これも息を呑むほどの美しさでした。
オンタデの雌花序です。
この輝きも一日だけ、翌日にはくすんできます。



二股から八本歯を目指す途中の斜面に咲いていたイブキトラノオ。
黄色い花がミヤマアキノキリンソウで点在する紫の花がタカネグンナイフウロです。



二股周辺ではこんな感じのお花畑も見られました。
ミヤマアキノキリンソウ、ヤマホタルブクロやタカネナデシコも健在でした。




最後は人気のミヤマハナシノブです。
想像以上によく咲いていて、蕾のあるものも多く見受けられました。
気温さえ下がり過ぎなければまだまだ咲き出すものもありそうでした。
北岳では大変多いのですが、他の山ではあまり見られない南アルプスの花としての位置づけです。



人気の花としましたが、正しく言えば野草ファンの中ではと訂正した方がいいかもしれません。
登山者は多くてもミヤマハナシノブにカメラを向けている人をほとんど見かけませんでした。
いい花なんですよ。



他にも紹介したい花があるんですが、そろそろこの辺でということで。
これまでに紹介した、山の風景ウラシマツツジの紅葉と霜ヒメセンブリサンプクリンドウイワインチンキタダケトリカブト
合わせてご覧いただければ9月中旬の北岳の魅力が一層伝わるのではないかと思います。

inserted by FC2 system