戻る

適当適当の旅  美ヶ原を目指して 2014/08/13 写真 深谷利彦
前夜、道の駅で車中泊をした私は美ヶ原から霧ヶ峰を巡って帰路につこうと出発した。
美ヶ原は15年ぶりくらいだろうか。
この時期ならヤナギランがいい頃ではないかなと期待したが、
霧ヶ峰同様、散々たる光景に唖然とした。
花がない!特にヤナギランは1本も見ることがなかった。
たしかこのあたりに群生していたはずで、霧の中に浮かぶ幻想的な写真を撮った記憶があるのにと
周囲を見渡しても、そこには何もなかった。
他の花もほとんどなく、かろうじてトモエソウが道沿いに咲いている程度だった。
思い出の丘という場所があるが、以前は百花繚乱の状態で
見事なお花畑だったのに、ぱらぱらと申し訳なさそうに咲いているにすぎなかった。
この時期ならアキノキリンソウ、コオニユリ、クガイソウ、ハクサンフウロ、チダケサシ、ツリガネニンジン、
シュロソウ、ウスユキソウ、シャジクソウ、ノアザミなどが入り乱れて咲いているはずだった。
犯人は鹿。
またひとつ魅力的だった場所が消えていった。

唯一よかったのは途中の林道で出会った、森の情景。
朝の斜光がドラマチックだったことだけ。



2014/08/13 長野県 NikonD300 SIGMA17-70㎜



2014/08/13 長野県 NikonD300 SIGMA17-700㎜
inserted by FC2 system