戻る

ときめきの野草たち  アケビ アケビ科 写真 深谷利彦
このところ毎年同じ場所でアケビの花の撮影をしている。
道路脇に咲いていて比較的撮影しやすい高さなので好んで出かけている。
桜の花が満開になる頃に出かければまず間違いないというのもわかりやすい。
そんなわけで毎年恒例の桜の花を楽しんだ後に寄ってみた。
例年以上の花付きでびっくりするほどよく咲いていた。
ところが撮影となるとなかなかいいアングルが見つからない。
花が多ければいいというわけでもない。
あれこれ眺めてようやく切り取る場所を決めた。
春の柔らかい光の中に浮かぶアケビの花を浮かび上がらせたい、そんな思いでシャッターを押した。
雄花も雌花も撮影たいので一緒に写せる場所を探したがいい場面が見つからなかった。
こんな風にあれこれ考えて撮影するのは、私の撮影理念に反する行為。
感じたままに素直に撮影するのが一番いいが、こんなこともある。
それでもあーでもないこーでもないと思いながらの撮影も
結局は楽しんで撮影しているんですね。


2014/04/05 音羽町 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜F4


2014/04/02 音羽町 Canon5DⅡ CanonEF70-200㎜F4



2014/04/06 音羽町 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜F4



2014/04/05 音羽町 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜F4
inserted by FC2 system