戻る

ときめきの野草たち  エンシュウムヨウランラン科 写真 深谷利彦
6月はランの季節。
ドキドキするような美しいランもあれば、少々風変わりなランもある。
エンシュウムヨウランは後者の方だろう。
葉緑素を持たない腐生ランで薄暗い林の中に生える希少種のランだ。
エンシュウと名が付くのは静岡県西部で確認されたことによる。
ウスギムヨウランの変種とされており、唇弁の毛がウスギムヨウランが紫色を帯びるのに対し、
エンシュウムヨウランは黄色であることが特徴とされている。
いずれにしてもこの手のランは腐生菌を拠りどころとして生きているので、
限られた条件の場所でしか生育できない運命にある。
それだけ貴重な植物と言えるだろう。


2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8

2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
inserted by FC2 system