戻る

ミカワマツムシソウ/マツムシソウ科  撮影地 新城市 撮影日 2014/10/08
ミカワマツムシソウは愛知県東部から静岡県西部の蛇紋岩地帯に生える マツムシソウの変種。
とにかく花が小さい。
大きくてもせいぜい2㎝、1~1.5㎝位のものが圧倒的に多い。
初めて見るとマツムシソウに見えないかもしれない。
舌状花が少ないのも特徴で全くないものも多く見られる。

花が小さいために特徴的な花を接写すると花だけの写真になるし、
全体を写すと花の特徴がわかりにくい。
とにかく撮影しにくい野草だ。
この日はたまたま花付きのいい背の低い株を見つけた。
こんな場面はあまりない。
とりあえずわかりやすいかなと思うが、稀であることをお断りしておく。

2014/10/08 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/10/08 Canon5DⅡ CanonEF17-40㎜F4


2014/10/08 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/10/08 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



inserted by FC2 system