戻る

野菊を訪ねて~  シマカンギク/キク科  撮影地 徳島県 撮影日 2014/11/10

黄色い野菊の仲間で西日本を代表するものがシマカンギクと思われるが、
どちらかというと東日本方面に出かけることの多い私にとっては、なかなか見られない野菊の一つ。
今回徳島県に出かけるにあたって、
ナカガワノギクとシマカンギクの雑種であるワジキギクを見るのも目的の一つだった。
そんな訳でシマカンギクも何としてでも見ておかなければと予め得ていた情報を基に
その場に直行した。
花は1.5㎝~3㎝と決して大きくないが、黄色い花なのでよく目だつ。
まだ最盛期ではなかったが、それなりによく咲いていて確認するのに時間はかからなかった。

道路の法面などに垂れ下がっていたり、、側溝脇の道端に咲いていたり、
ごく当たり前のようにして咲いている状況がなんともいい。
野菊の仲間はそういう傾向が強く、ありのままの自然体であることが素朴な魅力となっている。


シマカンギクの花はレモンイエローでとても美しい
上品な美しさである。
























総苞の様子



葉の写真を探したがない。どうやら撮り忘れたよう。
それでもこの写真ならなんとかわかってもらえそう。
基部は切形から心形で5中裂する。


inserted by FC2 system