戻る

ときめきの野草たち  タチカメバソウムラサキ科 写真 深谷利彦
亀の甲を思わせる葉からその名が付けられたタチカメバソウ。
林の中で静かに佇んでいた。
華やかではないけれど丸く白い花冠とのどにある黄色い鱗片がとても愛らしい。
花の傷みが早く花冠の縁がすぐに茶色くなってしまうので、
綺麗な花にはなかなか出会えない。
これもタイミングなので、いい状態の時に出会えれば運がいいし、
少し傷んでいてもそれはそれで致し方ないこと。
この日は比較的いい状態で咲いていてくれた。
花が一方向に向いて咲いているものが意外と少なく、気に入った場面になかなか出会えなかったが、
タチカメバソウの楚々とした美しさは格別なものがあった。


2014/05/18 茶臼山 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


2014/05/18 茶臼山 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
inserted by FC2 system