戻る

ときめきの野草たち  タツナミソウの仲間シソ科 写真 深谷利彦
ここで紹介するタツナミソウの仲間は3種類。
タツナミソウとシソバタツナミとオカタツナミソウだ。
どれも珍しいものではなく、身近に見られる馴染みのものばかりだ。
タツナミとは打ち寄せる波に見立てた名前だが、その独特の風貌は個性的であり、淡い赤紫の色合いも美しい。
シソ科らしい小さな花が集まった集合体の美しさだ。
この中で最もお気に入りなのがシソバタツナミ。
葉に黒紫色の斑が入るものだが、葉だけを眺めていても美しさを感じる。
最も湿り気を好むようで沢沿いやうっそうとした林の中で見かけることが多い。

オカタツナミソウは上部の葉が大きくなるので見分ける時に確認してみるといいだろう。
一般的なタツナミソウの葉の先が丸みを帯びているのに対し、
オカタツナミソウの葉の先は尖る傾向にあることも違いだろうか。


シソバタツナミ
2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8

シソバタツナミ
2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8


シソバタツナミ
2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



オカタツナミソウ
2014/05/31 滋賀県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



オカタツナミソウ(白花
2014/05/31 滋賀県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8




タツナミソウ
2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



タツナミソウ
2014/06/1 瀬戸市 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8

inserted by FC2 system