戻る

ときめきの野草たち  トウゴクサバノオキンポウゲ科 写真 深谷利彦
例年より1週間遅れてその場所を訪ねてみた。
もう遅いだろうなと思ったが、それでも少しだけ覗いてみようと思わせる魅力がその花にはある。
僅か7、8ミリしかない小さな花の中に大きな宇宙が広がっている。
透き通るような淡いクリーム色と鮮やかなオレンジ色の絶妙な色彩に吸い込まれていく。
なんとも魅惑的な花である。
ひょっとしたらまだ咲き残っているかもしれないなと思って訪ねたら、
運よく残り花が少しだけ咲いていてくれた。
名前の由来となったサバの尻尾のようになった実がほとんどだったが、
その中に私の思いを満たすのに十分なほど美しい花が咲き残っていた。
待っていてくれたのかなとそんな風に思って撮影に興じた。

トウゴクサバノオ、なんて魅惑的な花なんだろう。



2014/04/26 滋賀県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8



2014/04/26 滋賀県 Canon5DⅡ SIGMA70㎜マクロF2.8
inserted by FC2 system